データが主食

データ系エンジニアのぽえむ。分析だったり、読んだ本のメモだったり。

中古マンションは築15年以降は値下がりしづらい?

はじめに

中古マンションを検討する時に、築年数が気になりますよね。

新しいのは高いし、古すぎても嫌だし。古いマンションは資産価値が減るのも速いのかなって。

 

今回は、現在売り出し中の中古マンションの築年数を可視化して、漠然とした不安に答えを出して行きたいと思います。

 

データは前回同様。東京・神奈川・埼玉・千葉の中古マンションの築年数毎の平均価格を描画しています。

上のグラフは、各年に建築されたマンションが売り出されている金額の平均です。

下のグラフは、各年に建築されたマンションで売り出されている件数の割合です。

f:id:ktr89:20170811235603p:plain

 

2000年より前の中古マンションは平均価格があまり変わらないですね。建ててから15年経つと値下がりが止まるようです。

2006、2007年は供給過多なのか平均価格がお安めですね。ここは狙い目かもしれません。

 

分析対象データは 

と同じです。